基本方針

『一人一人の力量と現場力を高め

事業を安定化・強靱化する

カイシン工業は一人一人の技術力と個性を生かし
たゆみない改革を行いお客様に安心と信頼を届け
より収益力を高めオンリーワンの世界を目指します

事業方針


1)事業を安定化・強靱化する
・営業力を高め両利きの事業経営を行う
・顧客ロイヤリティー(Loyalty)を高める

2)現場力を高める
・人材開発により一人一人の力量を高める
・コミュニケーション力を高める

3)精密板金・機械加工を基盤にユニット・製品ビジネスを

展開する

品質方針


・私たちはCSR活動を通して社会的責任を果たします
・ISO9001マネジメントシステムを活用し「信頼されるものづくり」を実践することにより お客様が満足する商品と安心と信頼を届けます

環境方針


あらゆる生産活動において 人と環境が調和した未来のため エコアクション21を活用し 地球環境保全活動を推進することにより 持続可能な社会の構築に貢献します。

SDGsについて


【取組1】
生産活動に伴う排出されるCO2排出量削減
◇2030年に向けた指標◇
CO2排出量の10%削減(2019年1,419t⇒2030年1,277t)

【取組2】
生産活動における使用される電力使用量削減(2019)
◇2030年に向けた指標◇
電力使用量の10%削減(2019年2,105,658kwh⇒2030年1,895,092kwh)

【取組3】
女性社員採用及び管理職比率を引き上げる(2019)
◇2030年に向けた指標◇
女性採用比率の増加(2019年 25%⇒2030年 40%)
女性管理職比率の25%増加(2019年 8%⇒2030年 25%)

詳しくはこちら

レジリエンス認証


「レジリエンス認証」は、内閣官房国土強靱化室から上記ガイドラインに規定する「認証組織の要件」に適合する旨の確認を受けた「一般社団法人レジリエンスジャパン推進協議会」が、上記ガイドラインに基づく「国土強靱化貢献団体認証」として行うものです。

環境保全活動


《エコアクション21とは》持続可能な社会を構築していくため、中小企業でも取り組みやすい「環境経営システム」として、環境省が構築した認証登録制度です。

地域未来牽引企業


地域内外の取引実態や雇用・売上高を勘案し、地域経済への影響力が大きく、成長性が見込まれるとともに、地域経済のバリューチェーンの中心的な担い手、および担い手候補である企業を「地域未来牽引企業」として経済産業省により選定。

会社概要


商号     カイシン工業株式会社
ホームページカイシン工業株式会社ホームページ
事業内容精密板金加工・組立、精密金型・板金金型の設計・製作、高速プレス加工 板金製品の設計・試作~製造・組立・試験までの一貫生産 設備設計、システム設計、各種受託設計、自動化設備・省力化機器の設計・製造 精密板金加工と機械加工を組み合わせた各種アッセンブリー 電子機器・精密機器の組立・修理・改造 他
本社・工場【長野駒沢工場】
〒381-0008
長野県長野市下駒沢800番地10
TEL:026-295-2211 FAX:026-296-9035
創立年月日1974年9月9日
資本金7,500万円
代表者代表取締役会長・社長  堀  豊(ホリ ユタカ)
従業員215名(2023年4月現在) 男 165名 女 50名

沿革


昭和49年9月長野市小島において開業
昭和57年2月長野市大字下駒沢の現在地に土地工場を買収、同時に本社工場を移転する
昭和63年8月資本金を5,000万円にする
平成元年7月情報機器部分の加工検査関連部門を分離独立させ、カイシンエレクトロニクス株式会社を設立する
平成6年4月長野市北部工業団地(若穂地区)内に工場(400坪)を新築、操業開始する
平成11年3月ISO9002認証取得
平成13年10月新潟県燕工業団地内で新潟工場を操業開始
平成15年9月カイシンサービス株式会社を設立
平成15年12月ISO9001(2000年版)認証取得
平成16年12月新潟県吉田町の組立メーカーを買収、新潟工場を移転・統合
平成18年3月エコアクション21認証取得
平成19年10月タイ・アユタヤに海外生産拠点(現地法人)を設立
(KAISHIN INDUSTRY THAILAND CO,.LTD)
平成21年10月資本金を7,500万円にする
平成21年12月中国昆山市の日系現地企業(プレス・板金・金型製作工場)を買収(開意新機械電子工業(昆山)有限公司 設立)
平成28年11月長野市豊野町に豊野工場を新設、操業開始
平成30年7月タイ・コラートに工場を新設、操業開始
令和1年9月昆山富士先端機械加工有限公司を買収
令和4年8月穂保工場に、第4工場と第5工場を新設